春夏秋冬、紫外線は毎日降り注いでいます。紫外線対策は必要ですが、痛んでしまった肌をいたわるのも大切なことです。ヒルドイド。処方薬で安価ですが、肌の角質層に浸透して保湿してくれます。最近では後発医薬品や、ドラッグストアで気軽に買えるものもあります。ヒルドイドと上手に付き合い、肌を整えていきましょう。

 

■ヒルドイドの効能

 

ヒルドイドは皮膚科に行くと簡単に処方してもらえます。有名な効能は保湿と血行促進です。血行促進し、肌再生(ターンオーバー)を促します。年齢が上がるごとに肌再生の周期も遅くなり、20代の約28日周期から、40代の約55日周期、そして60代になると約100日もかかってしまうんだそうです!昔に比べて傷の治りが悪くなる現象の正体です。

 

肌本来の力を引き出し肌再生を促す。肌再生の周期が遅くなるにつれ溜まっていった老廃物、シミの元メラニンも垢と一緒にはがしてしまう。これがヒルドイドの力です。

 

■シミの正体

 

シミの正体はメラニンの色素沈着です。紫外線によって皮膚細胞が破壊されないように、メラニン色素によって肌の表面を黒くして細胞に紫外線が届かないように防御しているんです。

 

色素沈着の8割は紫外線が原因ですが、残りの2割の原因の中には、こするなどの外的刺激や炎症による刺激から皮膚を守るためだったり、エストロゲンという女性ホルモンの分泌に伴ってメラニンが増加したりと、様々な原因があります。

 

女性ホルモンのエストロゲンといえば、コラーゲンを生成したり肌の水分量を調節したりと、美容のためにはかかせないホルモンですが、こんな一面もあるんですね。

 

■ヒルドイドがシミに効く理由

 

シミには少し厄介な性質があります。最初は小さいのですが、その小さなシミ同士が隣同士で合体して大きくなるという性質です。大きくなればなるほどシミは目立ってきますよね。それなら!合体させなければいいと思いませんか?

 

そもそもシミはメラニンの生成に肌再生が追いついてない状態です。それならば、まず肌再生を積極的に促す必要があります。その役割をはたしてくれるのがヒルドイドなんです。肌再生により、たまったメラニンを排出し、合体させない。ヒルドイドがシミに効くと言われるのは、シミにこんな働きかけをしているからなんですね。

 

■究極のオールインワン?

 

が高く、安価。処方薬とは言え皮膚科で簡単に手に入るヒルドイドの底力。究極のアンチエイジングクリームにして究極のオールインワンクリームですね。でも、何より一番なのは肌を健康に保ちシミを作らせないことです。UV対策や、規則正しい生活、なるべくストレスをためこまない生活、肌に優しい生活をこころがけましょう。