ひと昔前までは紫外線は良いものとされていました。生まれたばかりの赤ちゃんにもあえて日光を浴びさせるような教えが広まっていました。しかしながら、近年では皮膚がんやシミしわなどの肌トラブルが危険視され紫外線に対する考え方は大きな変化を見せました。

 

■紫外線が引き起こす恐怖

 

特に肌に悪影響を及ぼすのは、UVAとUVBと呼ばれる光です。UVAは太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌の奥の真皮にまでたどり着いて肌のハリや弾力を奪ったりメラニン色素を酸化させお肌を黒くします。

 

対してUVBは、紫外線の約1割のみですが、肌への影響がとても強く、短時間でもお肌が真っ赤に炎症を起こしたりシミを含めお肌を黒く変色させてしまいます。ひと昔前に「良い」とされていた紫外線ですが、お肌に及ぼす影響はなかなか大きなものです。あなたのお肌は紫外線に狙われていることをいつでも忘れないようにしておきましょう。

 

■日焼け止めの基礎知識

 

毎日太陽は登りますし、日中外へ出ることが多いですよね。となると私たちのお肌はずっと紫外線に狙われていると言えます。ではそんな紫外線からお肌を守るにはどうしたらいいのかということですが、間違いなく日焼け止めが有効と言えます。

 

日焼け止めには様々なタイプがあり、ウォータープルーフタイプやパウダータイプなどがありその他にも美白効果のあるタイプや日中用乳液やケミカルな紫外線吸収剤を使用しないタイプなどシーンに合わせて選ぶ必要があります。

 

また、良く目にすると思うのがPAという文字です。これは日焼け止めの効果を指しており、そのあとにつく+の数が多ければ効果が高いということになります。PA+で始まり、これは日常生活で必要となる日焼け止めです。

 

PA++++と+が4つ並ぶものが最も強力で、非常に強い紫外線を浴びる可能性がある時に使って欲しい日焼け止めになります。

 

■正しい日焼け止めは朝塗ったらそのまま?

 

日焼け止めの塗り方の質問としてよくあるのが、日焼け止めは朝塗ったらそのままで塗り直ししない方がいいのでしょうかというものです。ずばりお答えすると、そんなことは決してございません。むしろ何度も塗りなおすことが大切です。

 

実は日焼け止めは、顔に汗をかいたりこすったりすることですぐに取れてしまうのです。

取れてしまえば当然効果はありませんから、取れたところに塗りなおすことが必要となります。ただし、取れた部分をその都度確認するのは難しいと思いますので、2・3時間ごとのお化粧直しと同時に日焼け止めも直してしまいましょう。

 

■紫外線は怖いもの!

 

紫外線の怖さが良くわかりましたよね。毎日とんでもない敵から私たちのお肌は狙われているのです。しかしながら日焼け止めという救世主が私たちにはありますので、自分に合うものを見つけいつでも大切なお肌を守るように心がけましょう。